育乳ブラ メリット デメリット

MENU

育乳ブラのメリット&デメリットって?

バストアップ

 

最近バストアップのアイテムとして大人気の育乳ブラ。
補正下着の1つでつけながらきれいなバストを維持したり、バストアップをすることができます。

 

そんな育乳ブラはメリットもいろいろありますが、デメリットも実はあるのです。
今回は育乳ブラのメリットやデメリットを紹介しますね。

 

☆育乳ブラのメリット&デメリット

 

メリット

@ボディラインを整えることが出来る
A綺麗なラインの洋服を着こなすことが出来る
Bバストの形を綺麗に保つことが出来る

 

@ボディラインを整えることが出来る
育乳ブラは脇や背中に流れたお肉をバストに集めて定着させるものなので、服を着るとボディラインが綺麗に見えます。
つけ続けることで、ボディラインを整えることができるのです。

 

A綺麗なラインの洋服を着こなすことが出来る
育乳ブラは体型補正をすることができるので、身体のラインの出る服やパンツスタイルでも綺麗に見えます。
好きな服を着こなせるようになることで、気分が良くなり、毎日ポジティブに過ごすことができるようになります。

 

Bバストの形を綺麗に保つことが出来る
育乳ブラをつけると、バストが下に垂れたり、左右に離れるのを防ぐことができます。

 

デメリット

@値段が高い
A痩せ型体質の方に合わない

 

@値段が高い
一般的な下着なら、セットで3000円など安価なものがあります。
ただ育乳ブラの場合、ブラジャーだけで1万円超えてしまうものもあります。
それを毎日つけるには何枚か用意しないといけないので、結構な額を出費することになります。

 

A痩せ型体質の方に合わない
多くの育乳ブラの場合、痩せ型体質の方に合いません。
背中や脇のお肉を集めて大きくするので、そのお肉がない痩せ型の人がつけてもバストが大きくならない可能性があるのです。
ただ、形を綺麗にする目的でつける方にはオススメかなと思います。

 

育乳ブラはデメリットよりもつけるメリットの方が多いので、バストに悩みのある方はぜひ使ってみてくださいね。